チリグモ

チリグモ

チリグモ



チリグモ科 Oecobiidae は、クモ類の分類群の一つで、小柄で壁に張り付くように生活するものである。ヒラタグモ科をここに含めることもある。

チリグモちりぐも / 塵蜘蛛[学] Oecobius annulipes. 節足動物門クモ形綱真正クモ目チリグモ科に属するクモ。. 体長2.5ミリメートルほどで、天井の桟のきわ、板の継ぎ目などに直径4、5ミリメートルの白色で扁平 (へんぺい)の幕のような網をつくってその中に潜むが、はい出して室内を歩行することも多い。. 獲物をみつけると、その周りを回りながら糸でぐるぐる ...

餌. 昆虫. 解説. 天井や石灯ろう,ブロック塀などの隙間にボロ網を作る小さいクモ。. ボロ網の周囲には放射状に梳糸(そし)を張り、触れた獲物を捕食する。. 本種は ヒラタグモ (Uroctea compactilis)とよく似た姿をしており、ヒラタグモ科とされる事もある。. 本種は世界中に分布している。. トップの写真は2月17日に、自室の押入れの扉沿いの角にあったボロ網内の ...

 · 特徴. いずれも小柄で全体に扁平なクモである。. 三爪、8眼で 篩板 を持つ。. 頭胸部 は全体に扁平で幅広く、頭部に向けて幅狭くなってやや前に尖る。. 眼は8眼で、前後二列、前列はほぼまっすぐで中眼間は離れるが中眼と側眼はほぼ接する。. 後列は前曲(側眼が前に)で、後中眼はくさび形に変形。. 歩脚は比較的短く、どの足もほぼ同程度の長さ。. 足の配置は ...

チリイソウロウグモ Argyrodes kumadai は、イソウロウグモの1種。この類では比較的大柄で、時に網の主のクモを襲う。 この類では比較的大柄で、時に網の主のクモを襲う。

 · チリグモは天井の隅や障子の桟のはし、壁や家具の隙間などに4mm~10mmの幕のような巣をかけてすみかにしています。放射線に糸がはってあり、それにふれた虫がエサです。ハンティングにでかけることもあります。獲物の周りを糸をだしながら高速でくるくるとまわりつづけ、動けなくする捕獲方法です。サイズは2mm前後、オスメスともに同じくらいの大きさです。

 · 今日紹介するチリグモ(Oecobius navus:チリグモ科=Oecobiidae)も、文一総合出版の「日本のクモ」を見ると「屋内の天井、壁や窓枠、障子の桟などの隅、屋外の壁の隅、石灯ろうの継ぎ目などに住居を作り・・・」とあり、樹皮下に見られるとは書いてありませんが、プラタナスの樹皮下に沢山居ました。

チリグモ ⭐ LINK ✅ チリグモ

Read more about チリグモ.

aptekanaleninskom73.ru
oprostodin.ru
blastoff.ru
hhair.ru
aboutminecraft.ru
kims-kosmetika.ru
praktikspec.ru
logan-zapchasti.ru
gaz-3309.ru

Also looking for:


Comments:
Guest
Family reunions sometimes leave us with feud for thought.
Guest

A grouch is a person who somehow can manage to find something wrong with even the good old days.

Guest
It's always a good idea to seek the advice of others, but that doesn't mean you have to take it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu